出会い系のサクラを見分ける方法

LIG_nua_TP_V

サクラにも数種類の人種がいる!?

出会い系サイト、アプリを利用する上で最も気を付けなくてはいけないのがサクラの存在です。

運営会社に雇われメッセージのやり取りだけを専門にするサクラもいますが、他にも個人的なお小遣い稼ぎにキャッシュバッカー(CB)と呼ばれる一般人とサクラの中間の様な人もいます。

また援デリや援助交際etc…挙げればキリがありませんが、ここでは数々のプロ&セミプロの見分け方とその対策について書いていこうかなと思います。

サクラが一切存在しないサイトはあるのか?

実際に「存在を認識できないレベル」で言えば、そういうサイトやアプリも数々ありますが、あくまで個人的な意見を言わせて頂くと、どんな優良な出会い系サイトやアプリと言っても、サクラが全くの0なんて事は恐らく無いと思います。

登録ユーザーの数が多かったとしても、そもそも延べの登録人数よりも重要な事は現在進行形で今から誰かと出会いたいと思っているユーザーが居続けているのか?という事が大事であって、やはり人口分布の薄い地域はあると思いますし、特定の地域によっては、瞬間的に需要と供給が成り立っていない地域はどうしても発生してしまいます。

その地域でたまたま登録した人は、人も少なく、そもそもやり取りすら出来ないとなるとつまらなくなりスグに辞めてしまうでしょう。

そういった地域に発破をかけるという意味でサクラを使うという事は無いとは言い切れません。

その点についてはどのサイトでも仕方のない事だと私は思いますし、要は程度の問題です。

上記のサクラに関しては、多額のお金を使わせる事を目的にはしていないので、長期間のやり取りをせず、少しのやり取りでサッと引いていく傾向が高いと言えます。

一番悪質なのはプロのサクラ

そもそも優良なサイトやアプリを利用していればそこまでサクラを警戒する必要もありませんが、サイトやアプリの見た目だけで安全か否かを判断する事は難しいので、ある程度の予備知識を元にサイト遊びをしてみて、そのサイトやアプリを継続して使うかどうかを判断するのが好ましいです。
話を戻しますが、最も憎むべきかつ警戒しなくてはならない出会い系サイト、アプリに常駐しているプロフェッショナルなサクラについて書いていきたいと思います。

パチンコで負けない為にはそもそもパチンコ屋に行かないという理論と同じで、サクラに引っかからない為には、こういう遊びを一切しないという方法しかありません。

自分の気に入った大切な事は早い段階での見極めと拒絶です。

どんなにカワイイ子、イケメンであったとしても、会えない人は芸能人と同じかそれ以下です。

AKBはお金を払えば握手まではできますが、出会い系のサクラは何百万円使ったとしても、触れる事はおろか実物にすら会う事はできません。

物凄い偶然で実物が目の前に現れたとしても、それは貴方がやり取りした人ではありません!!

声をかけようものならおまわりさんを呼ばれますので気を付けて下さいね。

簡単なサクラの見極め方

前置きが長くなってしまいましたが、皆さんが最も知りたいサクラの見極め方ですが、幾つかのパターンがありますので書いていきたいと思います。

①男性は相手からのアプローチは基本疑う事!

先に断っておきますが、これを読んでいる貴方が超絶イケメンであったり、プロフィールに大金持ちである旨を書いている場合は除外させて頂きますが、基本的に女性からメッセージが来る事なんて無いと思っていて間違いはありません。

なぜなら男性は一秒でも早く会いたい故に、登録後スグに掲示板なりを徘徊して会えそうな相手を探しますよね?つまりそういう事なのです。

女性は老若男女、美人不美人に関わらず男性からメッセージが来やすいので、その中から自分の会いたいタイミングに合わせて好みの相手を選別する事が出来ます。

その状況で、女性から猛烈なアプローチを男性に送る事はかなり稀であるという事が理解して頂けると思います。

自分の好みの女性であったり、エッチな写真をいきなり送ってる女性に騙されてはいけません。

②ハンドルネームに「さん」等の敬称を付けてみる

これもまたオーソドックスな方法になりますが、機械的に一斉送信してくる場合には有効な対策にはなり得ます。

例えば「田中さん」に対して、「田中さんさん」なんて呼んでくる人はほとんどいないと思います。

仮に本物であった場合は田中で良いですと返信をしてその相手とは暫く間を置いて下さい。(恐らく何らかの返信は来ます。)

そもそも、サクラは全国のユーザーに一斉にメッセージを送信をして、その返信に関しては「定型文」+「個別返信」という形で返信をしてきます。

ただ、メッセージのやり取りが止まった相手には定期的に再度一斉送信を送ってきます。

一度は田中さんではなく田中と返信を送ってくれていた相手が、次の時にはまた「田中さんさん」と送ってきた場合は残念ながらサクラ確定と思って間違いないでしょう。

③写真をポーズを変えて送り直してもらう

これはかなりオーソドックスな方法になりますが、プロフィールに登録している写真以外の写真を送っておもらう事が一番てっとり早いです。

ただ、別の一枚を送って下さいと言っても、複数の写真を持っている事もありますので、思いつく限りの特殊な写真を送ってもらう事が重要です。

ただ、相手もプロですので、合成等の技術もプロ級の場合がありますので、その時に放送している番組と一緒に写った写真を送ってもらうのが確実でしょう。

最近は毎日何かしらのスポーツ中継等はやってますので、そのあたりで良いかと思います。

仮に本物の人だったとしても、それすら断ってくる相手とはそもそもお近づきにならない事が吉です。

サクラが世に蔓延している事は周知の事実ですので、それを回避したい気持ちを汲めない人は、他の気持ちも汲んでくれませんので。

まとめ

出来ればサクラと遭遇せず、普通に仲良くなって、普通に出会えるのが理想ではありますが、世の中そんなに甘くありません。

サイトに常駐しているサクラは一般人の釣り上げ方やかわし方がまさにプロです。

手口も日々進化していますし、悲しい事にその素材を与えているのは他でもないSNS等を利用している一般人なんです。

ご飯と一緒に自撮り、友達と一緒に自撮り、とにかく自分大好きな昨今ですので、収集相手を絞り込めば新しい画像が毎日アップされる時代でサクラ達は素材画像に事欠きません。

かと言って、SNSの普及を止める事は出来ませんし、私個人が警鐘を鳴らしたところで果たして何人にこの気持が届くのでしょうか。

あらゆる画像と、サクラの話術があればリアリティを高める事なんて簡単なんです。

出会い系というものが世間一般に認知された頃から常に存在しているサクラの存在ですが、ひと目で判断する事はハッキリ言ってしまうと不可能です。

結論として、一番のサクラ対策は「優良なサイト、アプリ選び」と「怪しい人は無視」これしかないんですね(汗)