出会うまでに果たして何円が必要なのか

okaen
出会い系サイト、アプリで相手を探す上で一番気になるのが「会うまでに何円かかるのか?」という事だと思います。

プロフィールである程度の好みの相手をロックオンするまでにも多少はポイントを消費しますし、やり取りが始まってしまったらそれ以上に使ってしまいます。

出会い系で遊ぶ上である程度の課金は覚悟しなくてはなりません。
いくら使うかは使う人それぞれのお財布事情によって異なりますが、それでも可能な限り出費は抑えたいものです。

悪質なサイトの場合はそれこそ100万円使っても実際に会うことはできませんが、ここで紹介している優良サイトに限って言えば、私の体感的には平均すると1000円以内で会える事が多い様に思えます。

ただ、相手によってはもっと少ないやり取りだけで、「とりあえず会う」という場合もありますし、連絡先を直接交換して、お金は掛からないけどしばらくやり取り続ける場合もあり、会うまでに使う金額を算出するのが難しいという一面もあります。

個人的な見解ですが、一人の相手とガッツリやり取りをしていると、仮にその相手が本物の女性であっても会えなさそうな相手だった場合、かなりの時間とお金をロスしてしまう為、複数サイトで複数人との同時進行が出会いへの時間を短縮する方法だと思います。

悪質業者は短時間で見切りをつける

o0495037612030359677
優良サイトでは悪質サイトへの誘導キャラや詐欺師がうじゃうじゃいます。

最近増えているのが、やり取りでamazonギフトをおねだりしてくるパターンです。

◯千円分のコードをくれたら会える上にお礼までしてくれる。なんてかわいい画像と甘い誘い文句でおねだりをしてきますが、言わずもがな会う前には絶対にあげてはいけません。

また、他社の悪質サイトへの誘導に関しても、すぐにLINEやカカオの交換を申し出てきますが、女性は基本的に無料の為、男性がやり取りにある程度のお金がかかる事を許容してさえいれば、どんな理由を付けてきても女性に交換する理由はありません。

1円でも安く出会いたい気持ちは痛いほど分かりますが、自衛の為にも安易なID交換は行わないのが吉です。

悪質業者はとにかく数を打って稼いでいるので、グズれば勝手に苛ついて勝手に消えていきますが、それまでのポイントは単純にこちら側の無駄になってしまいますので、怪しい雰囲気を感じたら即通報が最善でしょう。

余談になりますが、私は現在結婚して家庭を持っている為、出会い系遊びは絶対にバレてはならない為、実際に会ってもLINE等は交換しない事にしています。

基本的には持ち歩かず会社に置きっぱなしのサブ携帯かもしくは端末には受信設定をしていないメールアドレスを教えて、webでログインしてメールの確認を行っています。

コメントを残す